SwitchBot学習リモコンの簡易レビュー

久しぶりに学習リモコンを買いました。

買ったもの

外箱

SWITCHBOT社のSwitchBot学習リモコンです。Amazonで6,980円也。5月21日発売のようですが、なぜか19日に届きました。この辺は中華クオリティーですね。

学習リモコンを買うのはソニーのHUISリモートコントローラー以来です。HUISはデザインやコンセプトは優れていましたが、タッチパネルのためブラインド操作が難しく、使い勝手が今ひとつでした。その点、今回のSwitchBot学習リモコンは物理キーを採用しているため、操作感には期待できます。

赤外線対応デバイスのほかに、SwitchBot製品をBluetooth経由で操作したり、Matter対応デバイスと連携したりできます。また、今後のファームウェアアップデートでApple TVやFire TVの操作に対応する予定です。

設定

学習リモコンと銘打っていますが、このリモコン単体では赤外線信号を学習できません。設定にはスマートフォンのSwitchBotアプリが必要で、任意のリモコン信号を学習させるにはSwitchBot Hub 2またはHub Miniが必要です。基本的にSwitchBotデバイスとの連携を前提とした製品と考えた方がいいでしょう。

箱から取り出してONボタンを長押しすると電源が入ります。その後ONボタンとOFFボタンを長押しするとペアリングモードに入りますので、その状態でスマートフォンのアプリから接続します。

重要なアップデートをインストール中

接続後、“重要なアップデート”と称したファームウェアアップデートが自動的にインストールされます。最近のデジモノはこのパターン多いですね。アップデート後のファームウェアバージョンは「1.6」になります。

同期が完了した

その後追加したいデバイスを選択すると、自動的にリモコンと同期されます。ファームアップも含め、設定作業は5分ほどで終了しました。

外観

我が家のリモコンたちと比較
意外と厚みがある

箱から出した瞬間の印象は「思ったよりデカい」でした。ボタンの数に対して本体が大きく感じられます。一方、軽量であるためにやや安っぽい印象も受けます。

キーは適度な固さがあり、押すとカチカチとした感触があります。触った時の感触も良好です。ただし、現状ではキーの長押しに対応しておらず、連続で押す必要があります。

ディスプレイは解像度が低く、明るくもなく見づらいので飾り程度に考えておけばいいと思います。キーにはバックライトが付いており、暗いところで光ります。また、地味ながら照度センサーを搭載しており、ディスプレイとキーバックライトの明るさは環境光に応じて自動で変化します。

スピーカーを搭載しており、キー操作時にカチカチと音がします。また、アプリから音を鳴らしてリモコンを探すこともできます。

ソフトウェア

基本的な操作方法は、赤いボタン1を押してデバイス一覧を表示させ、操作したいデバイスを選んでから操作するという形になります。

発売時点のファームウェアはかなり不安定で、バグが多いです。ただしこれは今後のアップデートでどうにでもなると思います。以下気になった点を列挙します。


まとめ

とりあえず簡易レビューです。ソフトウェアに関して気になる点がいくつかありましたが、今後のファームウェアアップデート次第では大きく改善される可能性があるため、それに期待したいと思います。


追記

初のファームウェアアップデート – Ver.1.9(2024年5月27日)

2024年5月26日にファームウェアアップデートが実施され、文鎮化バグと、私は遭遇していませんがリストから選んだ機器がズレて選択されるバグが修正されました。ただし文字が一切表示されなくなるバグが新たに追加されました。ちゃんとデバッグしているのかコレ…。

メジャーアップデート – Ver.2.1(2024年6月12日)

2024年6月10日頃にメジャーアップデートが実施されVer.2.1になりました。テレビとエアコン以外の赤外線デバイスの操作に対応、SwitchBotデバイスで操作できる内容が増加、Apple TVとFire TVへの接続に対応しました。リリースノートには記載がありませんが、一部のアニメーションの変更や、メニュー画面で戻るボタンを押すと最後に操作したデバイスの画面に戻れるなど細かいUXの改善も行われているようです。

SwitchBotシーリングライトやテープライトでは明るさや色の変更ができるようになりました。シーリングライトは常夜灯にもできます。地味にありがたい。なぜかサポートページには記載がありませんが、スマート電球も色の変更や動体効果の操作が可能です。

Apple TVとBluetooth接続してみましたが、Apple TVからはキーボードとして認識されているようで、BluetoothのHIDプロファイルを用いて接続しているものと思われます。(HUISも昔同じ手法を使っていたな…。)ちなみに本来の使い方ではありませんが、macOSともBluetooth接続でき、十字キーこそ効きませんでしたが音量ボタンや再生/一時停止ボタンは実際に操作可能でした。

一方で、当方環境ではVer.1.9で発症した「文字が一切表示されなくなるバグ」が治っていないのですが、Xで文字が正常に表示されている写真を見かけたのでおま環の可能性が浮上してきました。とりあえずサポートには連絡してみました。

  1. Kataボタンというらしい
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

スパムコメントを検証するために、一部の情報をAkismetに送信します。詳しい情報