iPhone 12 Proのレビュー

2年使ったiPhone XsからiPhone 12 Proに買い換えた。

買ったもの

iPhone 12 Pro(128GB、グラファイト)。Apple Online Storeから購入したのでSIMフリー。好きな回線で使えるのでUQ Mobileで使用。

なぜProにしたか

iPhoneがProになると、MacBook Pro、iPad Pro、AirPods Proと最強のPro軍団が完成するから…というのは半分冗談で。

Proにした一番の理由はカメラ。以前使用していたiPhone XSの内蔵カメラは非常に優秀で、特に望遠レンズが非常に重宝していたので望遠レンズが必須だったのと、4K/60fps HDRのビデオ1を撮ってみたかったから。

雑感

デザイン

iPhone 6からiPhone 11まで続いたラウンドエッジから、iPhone 5sまでのフラットエッジに回帰。個人的にiPhone 5sのデザインが好きだったので嬉しい。これぞiPhoneって感じ。

iPad Proとのデザインの統一感も良い(iPhone 12 Proには純正のシリコンカバーを取り付けている)

ディスプレイ

前代のiPhone 11 Proから画面解像度が変更されており、横方向に45ピクセル(15ポイント)広くなっている。ただし広くなった感じはまったくしない。

画質はiPhone Xsの頃から十分良かったので。XDRディスプレイはまだまだHDR対応コンテンツが少なすぎて恩恵をあまり受けられていない。

内蔵スピーカー

iPhone Xsから特に変わった感じはしない。前代のiPhone 11シリーズから空間オーディオが搭載されているが、まだまだ対応コンテンツが少なすぎて(略

充電

iPhone 12シリーズからは高速充電に20ワット以上の充電器が必要になった。さっそく純正の20ワット充電器を買ってきましたよね。

前から使っていたBelkinのワイヤレス充電器も使えた。ちゃんと7.5ワットで高速充電されているっぽい。

処理速度

ニューラルエンジンとかディープラーニングとかがめっちゃ凄かったりするらしいけど、体感速度はぶっちゃけiPhone Xsと変わらない。メモリが6GBになったのは安心感がある。

ワイヤレス

iPhone初のWi-Fi 6(802.11ax)でのテザリングに対応しており、5Gで使用すれば固定回線並みのスピードが期待できる。

なおインターネット共有の設定に“互換性を優先”というオプションが増えており、オンにするとWi-Fi 4(802.11n)の2.4GHz帯での通信に切り替わる。

左が“互換性を優先”をオフ、右がオンにしたときの通信状況。MacBook ProがWi-Fi 6に対応していないのでWi-Fi 5での通信となっている

まとめ

アプリの起動速度とか体感速度はiPhone Xsとほぼ変わりなく、ディスプレイもちょっと綺麗になったかなって感じ。iPhone Xsって凄かったんだなぁ。

その後iPhone 12 Proのカメラで撮った光のページェント青葉城跡みちのく公園の写真をあげました。

  1. iPhone 12でも4K/30fps HDRのビデオ撮影は可能

共有